営業系の求人に採用されるコツ

営業で一番大切なのはコミュニケーション能力ではなく、顧客に対して親身になって話が出来るかどうかです。求人情報では、初心者や未経験者歓迎の記載が多く存在するとおり、特別な知識は特に必要ありません。むしろ、様々な知識や先入観が入ってしまっているほど、利益主義になってしまい、顧客のことを考えない利己的な営業になってしまいます。そのため、求人側も素直な人を採用したいと思うことが多く、面接などでも素直に受け答えをするように心掛けましょう。また、笑顔を絶やさないことも採用されるコツのひとつなので、普段から意識するようにしましょう。

結果がよく見える営業という仕事

雑誌でもインターネットでも、営業職の求人は比較的多くの募集があります。その件数が意味するものは、仕事が辛くて入れ替わりが激しいからではなく、それだけ必要とされる職種だからです。どんなに素晴らしい商品を開発したところで、それが売れなければ会社は存続できません。商材や対象によって様々な働き方があります。訪問販売のような形態もあれば、電話口だけの形態もあります。ノルマに厳しいというイメージは一部ですが、成績によって歩合給が付いたり昇格が早いのは概ね事実です。努力が数字として自分に返ってくるため、非常にやりがいのある職種ですし、人と人との繋がりを実感できます。これらの魅力を踏まえた上で営業職の求人情報を見ると、選択肢や可能性が大きく広がります。

↑PAGE TOP